成長因子の注入|憧れのパッチリアイを具現化する時が到来|理想の目にする二重整形

憧れのパッチリアイを具現化する時が到来|理想の目にする二重整形

成長因子の注入

注射

効果を出やすくするため

美容外科では、アンチエイジングのためのプラセンタ注射がおこなわれています。プラセンタには多くの成長因子が含まれているので、注射することで肌の老化が体内から改善されやすくなるのです。プラセンタ注射では、ヒトの胎盤由来のプラセンタから作られた製剤が、皮下または筋肉層に注入されます。いずれの場合も、プラセンタは血管内に入り込み、血液によって全身に運ばれることになります。しかし皮下よりも筋肉層の方が、深さがある分、血管の数が多めとなっています。そのためプラセンタ注射は、筋肉層におこなった方が効果が出やすいと言えます。もちろん、注射した箇所には特に高い効果が出てきます。そのため美容外科では、部位を選んでプラセンタ注射を打ってもらうことが可能となっています。

場所によって異なる効果

美容外科でのプラセンタ注射は、主に頬や目元におこなわれています。頬に注射した場合は、頬のたるみが改善され、リフトアップ効果が出てきます。これにより、ほうれい線は浅くなっていきますし、口角は上がっていくのです。また目元に注射した場合には、目尻の小じわが消えやすくなります。さらに上まぶたや下まぶたのたるみが改善されることで、目の開き具合が大きくなったり、クマが解消されたりもします。さらにプラセンタ注射は、バストやヒップなどにおこなうことも可能となっています。バストもヒップも、加齢によって徐々に垂れやすくなりますが、プラセンタ注射を打てば、ふっくらと盛り上がっていくのです。さらにバストの先端やヒップと足の境目の部分の肌は黒ずみやすいのですが、これらもプラセンタ注射による解消が可能となっています。