ヒアルロン酸注入で豊胸|憧れのパッチリアイを具現化する時が到来|理想の目にする二重整形

憧れのパッチリアイを具現化する時が到来|理想の目にする二重整形

ヒアルロン酸注入で豊胸

胸元

忙しい女性に人気

近年働く女性が増えており、数日の休みを取るのも大変なケースも増えています。でも、美容整形の豊胸術ではダウンタイムのため数日の休息を必要とするものも少なくありません。そのため、豊胸術でバストアップするのを諦めるべきかと言えば、決してそのようなことはありません。というのも、ダウンタイムのない豊胸術もあるからです。それはヒアルロン酸注入です。手術をしてから2〜3日は筋肉痛のような痛みが残るものの仕事に出ることは可能となります。もしも痛みが気になるというのならば、痛み止めの薬を飲むことでその症状を緩和させることもできます。そのため、忙しい女性でもヒアルロン酸注入は気軽に利用できるため、人気が集まっています。

手術痕がない

ヒアルロン酸注入が人気の理由は、ダウンタイムがないこと以外にも挙げられます。その一つは、傷跡が全く残らないことです。バッグプロテーゼ挿入法などでは、目立たないように工夫されており、数センチほどの小さな手術痕が残る程度です。しかし、目立たないとしても傷が残ることに抵抗を感じる人は少なくありません。一方、ヒアルロン酸注入は注射器を用いてヒアルロン酸を注入していくことができます。注射を打つだけの傷がつきますが、数日のうちに綺麗に治ってしまいます。そのため、全く傷が残らない豊胸術として、人気を集めているバストアップ法なのです。初めて美容整形で不安を感じている人でも敷居が低い方法と言えるかもしれません。